日本人イスラム教徒日記:イスハーク・バイナ・ル・アバダイン

日本人イスラム教徒となって5年目を迎えてスタートしたブログです。タイトルの意味は「二つの永遠の間のイスハーク」。 gooブログの「日本人イスラム教徒ゆとろぎ日記:アナー・イスミー・イスハーク」の続編。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第1回:能書きだけダラダラと

 俺はあまり良いムスリムではないだろうが、それでもクルアーンは読むし、できれば理解は深めたいし、できればハーフェズ(クルアーンを全て暗記した人)になりたい。


 でもそのためにはアラビア語で読めて、アラビア語で理解できるようにならなくてはならないだろう。
 頭の柔らかい子供ならいざ知らず、オッサンになると、意味も文法も考えずにただ読み方だけ音として丸暗記というのはもう無理だ。アラビア語の勉強をした方が「急がば回れ」という結果につながるに違いない。


 しかしアラビア語を学べる機関・機会は非常に少ないので、結局独学でアラビア語を学習することとなった。クルアーンの内容の学習もほとんど独学になった。
 だから非常にひとりよがりになったり、間違った解釈をしている可能性大。


 そんな危険を顧みず、このシリーズではクルアーンの各章について、自分の学んだことをつづっていこうと思う。


 でも、俺なんかよりはるかに立派なムスリム/ムスリマの方々がクルアーンの解説をしたホームページや、クルアーンの音声も聞けるホームページなどはすでにいくつもあるわけで、それらと同じことをやってもオリジナリティが無い。
 そこで、次のような構成と予定で続けていこうかと思っている。


〔一回一回の構成〕
1.冒頭にアラビア語の原文。長い章は何回かに分ける。
2.次にアラビア語の読み方をカタカナで表示。
3.日本語訳。日本ムスリム協会の『註解 日亜対訳クルアーン』などを引用。
4.書いてある内容を、ノンムスリムの人向けに、できるだけかみ砕いて説明。
5.各単語のアラビア語の説明。語形変化・語根・用法など。
6.啓示が下された時の状況説明や、学習して思ったことなど、補足説明。


〔全体の予定〕
1.能書き…今回
2.バスマラについて
3.イスティアーザについて
4.第1章「開端章」
5.第113章「黎明章」
6.第114章「人々章」
7.第112章「純正章」
※以降は未定。必ずしも番号通りではないが、原則は後ろの方の章から。 


 クルアーンは正直なところ、日本語に訳してあっても読みにくいし、内容がわかりづらい。
 ましてやアラビア語を勉強して、アラビア語で読みながら意味も理解するはとても難しい。
 そんな難しさの前に四苦八苦した記録だと思ってください。
 また、間違いを発見された方は是非教えてください。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:宗教・信仰 - ジャンル:学問・文化・芸術

クルアーン読解 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。